座禅に挑戦! 鎌倉・建長寺

北鎌倉の建長寺では、毎週金曜、土曜夕方に座禅会が開かれています。
今回はこの座禅に挑戦してきました。

北鎌倉駅に降り立ったのは午後4時15分頃。
雨の降る中15分ほど歩くと建長寺に到着。
正門は既に閉まっていたので通用門から入り、まっすぐ方丈に向かいます。

画像


唐門脇から方丈に入るとすでに何人かの人が座布団を敷いて準備をしています。
受付はありません。
向かって右手が「ベテランゾーン」、左手が「初心者ゾーン」となっています。
経机にある冊子を持って、左奥の小部屋から座布団を取り出して準備をします。

「座禅をやろうと思う人なんて、そうそういないだろう」と思いきや、初心者ゾーンに30人強、ベテランゾーンには10人以上の人がいるではありませんか。中には観光に来たような雰囲気の若い女性も結構います。



やがて僧侶がやってきて座り方や呼吸方法などを説明してくれます。
腕時計をはずし、靴下を脱いでしっかりと座ります。
全員で般若心経を読経した後、鐘の合図で座禅の始まりです。

画像


僧侶が近づいてきたときに手を合わせると、左右の肩をそれぞれ2回ずつ警策(僧侶が持つ長い棒)でたたかれます。
シーンと静まり返ったお堂の中に「ビシーッ」という音が響くと、いやがうえにも緊張感が増してきますが、初心者ゾーンにいる人も、ほとんどの人が警策でたたいてもらっています。
もちろん私も「何事も経験」と考え、合掌してたたいてもらいました。

3分ほどの休憩のあと、2回目の座禅に入ります。
心の中でゆっくり数を数えながら座ります。
しとしとと落ちる雨の音と警策の音だけがが堂内に響いています。

腹式呼吸をしながら静かに数を数えるのはかなり難しく、すぐに「ブログになんて書こうかな」などの余計な思いが頭をよぎります。しかし、15分の2度目の座禅の時間もあっという間です。



全体で1時間の座禅でした。
もっと厳しいものを想像していましたが、意外に優しく、たたかれてもそれほど痛くはありません。

雨はまだ降り続いていますが、身も心もすがすがしい気持ちになって家路につきました。

【リンク】
建長寺公式サイト>>

2009年10月 建長寺座禅>>
2007年6月 円覚寺座禅>>


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい かわいい

この記事へのコメント

座禅ず
2006年12月05日 18:06
座禅をするすばらしい心意気に感銘いたしました。これからも急性虫垂炎などに負けず禅の修業にはげんでください。和尚より

この記事へのトラックバック

  • 建長汁(けんちん汁)の発祥のお寺・建長寺にて

    Excerpt: 鎌倉も、そろそろ初詣の人々が少なくなったのではないかと思い、JR横須賀線 北鎌倉駅から鎌倉駅まで、のんびりと散策してきました。 最初に訪問したのは建長寺です。 JR北鎌倉駅から、鎌倉街道.. Weblog: 横浜写真ライフ (yokohama photo life) racked: 2009-01-28 19:27